環境方針

基本理念

「人にやさしい、環境に配慮した機械づくり」をモットーに当社が、社会の一員であることを深く認識し、生産施設立地をはじめとする事業活動の全段階において地球環境と地域生活環境に配慮して行動し、「環境との調和」を確立する。

基本方針

  • 1. 当社の事業活動、製品、サービスで、定められた適用範囲内の環境側面を常に認識し、環境に与える影響を的確に捉え、環境汚染の予防を推進するとともに、環境管理組織を確立し、環境保全活動を推進し、環境マネジメントシステムの継続的改善を図る。
  • 2. 当社の事業活動、製品、サービスの環境側面にかかわる環境関連法規制及び 当社が同意する協定、その他の要求事項を順守するために、技術的、経済的に可能な範囲内で自主基準を設けて管理する。
  • 3. 当社の事業活動、製品、サービスがかかわる著しい環境側面を定期的に評価し、環境影響評価に基づいて、環境目的及び目標を設定する。また、環境目的及び目標も定期的に見直しをする。
  • 4. 当社の事業活動、製品、サービスがかかわる著しい環境影響を最小にするため以下の項目について優先的に行動する。
    • (1) 環境CSR対応の製品の提供
    • (2) 環境CSR対応生産活動
      • (a) 地球温暖化防止のための省エネルギーの推進
          ・生産設備の省エネルギー化(電力 ・油)
          ・空調、照明の適正使用
      • (b) 資源の有効活用を図るため廃棄物削減の推進
          ・分別廃棄を推進し、廃棄量の削減と再資源化を図る
      • (c) 化学物質管理の徹底と使用量の削減
          ・塗料・シンナーの使用量削減を図る
    • (3) 瀬戸内海に隣接した立地条件を認識し、水質汚濁の防止に努める。また、工場緑化を推進し地域社会との調和を図る。
  • 5. 環境方針は文書化し、当敷地内の関係会社を含む全部門、常駐会社の社員を含む全従業員に周知し、環境に関する意識の向上を図る。
  • 6.一般の人々を含む外部からの要請に対しても、環境方針は文書で開示する。

2014年6月25日

東洋機械金属株式会社
 代表取締役社長 十亀 和則