トップメッセージ

グローバル市場で”Customer’s Value Up”を展開し、
お客様のご要望に応えてまいります。

十亀和則 Sogame kazunori
1925年、東洋機械金属は港町神戸で産声をあげました。携わる世界は繊維からプラスチック・アルミと変わっても、創業当時からの『お客さまを大切にし、お客さまとともに発展したい』という私たちの思いは一貫して変わることはありません。

私たちは、お客さまに役立つ使い勝手の良いスマートなマシンを提供し続けることを基本に、1984年より業界に先駆けて開発した電動サーボ技術で、射出成形機、ダイカストマシンを通じ、環境負荷低減を含めた社会の期待に応える企業をめざしています。

積み上げられた自主技術と妥協の無い自主製作により生み出される製品は、性能・品質面はもとより省エネ・環境側面からも高い評価を得ています。そのことに満足することなく、一層の高みをめざし、開発力をはじめとしたモノづくり力の強化に全力をあげて取り組んでいます。

激動する世界市場においては、新たな連携も視野にグローバルネットワークをさらに拡充してまいります。各々の地域においてはローカルニーズに細やかに対応することで、全世界のお客さまに有益な、生産、サービス、パーツサプライ体制を構築してまいります。

また、グローバル市場での、製品競争力の強化と企業価値の向上を図るため、同業パートナーとの提携を進め、経営基盤の強化と事業拡大に努めます。

これからも私たちは、お客さまの役に立つ技術を磨き上げ、お客さまの商品価値を高める “Customer’s Value Up” を展開し、来るべき100周年に向かって、さらなる発展をめざします。