製品/技術情報

油圧ダイカストマシンをモデルチェンジ
BD-V6 EXシリーズ

2016年4月21日

 東洋機械金属株式会社(本社:兵庫県明石市、社長:十亀和則。以下「東洋機械金属」)は、主力製品である油圧式ダイカストマシンの最新シリーズとして「BD-V6 EX」をラインアップし、4月より本格的に受注を開始した。

    BD-650V6EX

 BD-V6 EXシリーズは、実績あるBD-Ⅴ5 EXシリーズの技術を継承しながら、型締装置と制御系を刷新したもの。半世紀におよぶ東洋機械金属の鋳造技術、技能、ノウハウを結集したスマートマシンとして開発された。

 今回ラインアップしたのは、先行販売している型締力200トンのBD-200V6 EXを含め、型締力125トンのBD-125V6 EXから同650トンのBD-650V6 EXまでの6機種である。尚、型締力800トン以上の大型機については、今秋を目途にラインアップ拡充を計画している。

 

BD-V6 EXシリーズの特長

1.高速タイバー抜き装置(オプション)

 固定ダイプレート側のタイバー抜き装置に割ナット式を採用。従来のナット回転方式と比べ動作時間を大幅に短縮でき、段取替えをスムーズに行える。

2.型締機構の剛性アップ

 移動ダイプレートとリンクハウジング間にガイドバーを設けることで剛性をアップ。熱膨張等の金型平行度の変化に対応できる型締装置を実現した。

3.センタープレス方式

 高度CAE解析によりダイプレート形状を最適化することでたわみを最小化。型締力を金型面全体へ均一に配分し、製品不良を低減する。

4.新制御「SYSTEM 600」

 高精度モーションコントロールを実現する「SYSTEM 600」制御装置を搭載。画面サイズも大型化し(従来比1.5倍)、視認性と操作性を向上させた。

5.タブレット対応(オプション)

 タブレットPCとダイカストマシンをWi-Fi接続。タブレットPCでモニタ情報の閲覧、条件変更が可能。他のマシンの条件を確認しながら鋳造条件の設定が行える。

 

掲載されている情報は、発表日現在の情報です。閲覧日の情報とは、異なる可能性がございますので、あらかじめご了承下さい。

TOYO ピックアップ
2017年度 技術スクールの予定を公開しました
2017年度 技術スクールの予定を公開しました